選び方を知って

赤ちゃんと女性

購入タイミングも大事

一昔前まで授乳服といえば、デザインにバリエーションがなく、いかにもという感じで野暮ったいという印象を持つ人が多い服でした。ですが昨今ではバリエーションも増え、日常的に買うファッションアイテム同様おしゃれなデザインが増えてきています。特に人気があるのがマタニティ期間から着られる授乳服です。お腹の大きくなるマタニティ期間はやはり締め付けが少ないゆったりとした服が楽なものですが、単に楽さだけで選ぶと産後使えずもったいないことになりがちです。ですがマタニティ服が授乳服の機能も兼ね備えていると産後も長く使えて経済的です。授乳服を選ぶときは、実際に着てみてどうかということを確認して選ぶべきです。授乳口の開き方はそれぞれ異なります。意外と狭くて授乳しにくいということもありますし、逆に授乳口がわかりやすすぎて羽織がないと着られないということもありえます。授乳期間はバストサイズがアップするため、そのことも考慮して選ばなければなりません。試着して確認するのが最も確実なので、できたら試着して選びましょう。また、産後一年間ほどが最も授乳回数も多く授乳服の出番が多いのですが、産後はなかなか買い物にでられません。そのためできるなら妊娠中にそろえておくとよいでしょう。マタニティ服と授乳服を兼ねたものを選ぶときは、産後のシルエットまで計算されているか考えて選ぶのがおすすめです。あまりにブカブカしていると着たいという気持ちが出にくく結局無駄になるおそれもあります。ただ体型がすぐに戻るわけではないので、ある程度ゆとりがあると安心です。

Copyright© 2018 新生児の子育て中には授乳服を着ておこう【メリットをリサーチ】 All Rights Reserved.